妊娠中・出産後だからこそ活用したい家事代行の魅力

公開日:2024/02/15   最終更新日:2023/10/02


家事代行サービスは掃除や洗濯、料理などを代行してくれるサービスです。一般人には利用のハードルが高いと思っていませんか?利用者は金銭的に余裕のある方だけではなく、共働きの方、けがをしている方、高齢者、妊娠中の方、出産後の方などがさまざまな場合に活用できます。今回は妊娠中や出産後の利用の仕方についてご紹介します。

つわりの状態・ピークは?

妊娠中につらいのがつわり。つわりの状態だと家事がつらいという方も多いです。そんな時は、家事代行を活用してつわりの時期を乗り切りましょう。

つわりとは?どんな状態になるかはひとそれぞれ

妊娠すると母体のホルモンが変化するため、つわりが起こるといわれています。

人によって起こる症状は異なり、食べものを食べると吐いてしまう吐きづわり、逆にこまめに食べていないと気分が悪くなる食べづわり、何もしていないのによだれが出てくるよだれづわり、臭いに反応して気分が悪くなったり、吐いてしまったりするにおいづわりなどがあります。洗剤、シャンプー、炊き立てのごはんのにおいなど家事をしている際に気持ち悪くなってしまうにおいはたくさんあります。

つわりは日によって症状や強さが異なるのでうまく付き合っていかなくてはなりません。

つわりのピークはいつ?

つわりになってしまった妊婦にとっていつ終わるのかが気になるつわり。つわりがスタートするのは早い方だと妊娠5週目くらいからスタートします。

つわりのピークは8週から11週くらいで16週くらいまでにはつわりは治まってくることが多いです。しかし、人によっては入院するくらいつわりが重い方もいるので、無理して自分でやろうとせず、家事は家族に頼むか家事代行を依頼するなどして乗り切るのがよいでしょう。

産後も体はボロボロ!家事はいつからやる?

つわりを乗り越えて無事に出産しても、体はダメージを受けています。毎日ある家事はいつからやればよいのでしょうか?

産褥期は安静にしていよう

産褥期は、出産してすぐの時期のことを指します。母体が妊娠前の体の状態に回復するまでの期間で、出産から6~8週間くらいのことをいいます。出産後の母体はダメージを受けているので無理は禁物。

出産のために大きくなった子宮が元の大きさに戻る課程で悪露が出たり子宮が収縮するので、出産直後は後陣痛で痛みがあったりします。会陰切開や帝王切開で傷が痛むこともあるのでなるべく安静にしておきましょう。産褥期は赤ちゃんのお世話に専念できるよう、家事は家族や家事代行に頼めるよう準備しておきましょう。

無理は禁物

産褥期は6~8週間くらいですが、個人差があります。産後1か月ごろには1か月検診があるので、その結果も確認しつつ1か月を目安に家事や外出などをしていくのがよいでしょう。体が回復してきたら簡単な家事からスタートするのがおすすめです。

産後1か月たったからといってすぐに重いものを持ったり大掃除したりなどするのはやめておきましょう。妊娠、出産により広がった骨盤が元の大きさに戻ろうとしている時期に骨盤や腰を傷めたりしてしまうと、体調を崩してしまったり、将来腰痛の原因になってしまったりするかもしれません。

妊娠中・出産後だからこそ家事代行をうまく活用しよう

妊娠中、出産後は体がつらい時期です。思い切って家事代行サービスを利用してみるのがおすすめです。

まずはお試し利用がおすすめ

家事代行というと、毎週頼まなくてはいけないのではとイメージしている方もいるかもしれません。家事代行サービスは初回お試し利用、スポット利用など単発で利用できる場合も多いので、まずはお試しサービスを利用してみるのがよいでしょう。

もし試してみて継続したければ、つらい時にスポット利用するかつわりの期間、産褥期の期間にきてもらえるよう契約するとよいでしょう。

家事代行はどんなサービスが可能なのか

家事代行は掃除、洗濯、料理など一般的な家事を代行してくれるサービスです。あくまで家事の代行なので家電を分解して掃除するような専門的な掃除は行えません。散らかった部屋のかたづけ、掃除機がけや雑巾がけなど一般的な家事の代行サービスと考えておきましょう。つわりでにおいがつらい場合には、料理をつくってもらったり風呂場の掃除をしてもらったりして、つわりの時期を乗り切りましょう。

出産後は洗濯や掃除、洗い物などをしてもらって、自分は赤ちゃんの世話に専念できるようにするのがよいでしょう。家事代行を依頼することで、時間の余裕や心の余裕ができます。妊娠中・出産後はストレスが多いので、少しでもストレスの少ない生活になるよう家事代行を活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

家事代行というと何だか依頼するのはハードルが高いように感じてしまうかもしれません。しかし妊娠中はつわり、出産後は体が回復していないので、普段の家事でもつらく感じてしまいます。妊娠中の母体の変化に対応したり出産後は赤ちゃんの世話をしたりしなければいけないためやることがたくさん。

しかし、思うようにできなくてストレスを感じてしまうこともあるでしょう。ストレスでいっぱいになってしまわないよう、時間や心の余裕を持つために家事代行を依頼してみてはいかがでしょうか。定期利用でなくてもお試し利用やスポット利用できるサービスもあるので、ライフスタイルや予算に応じてどのサービスがよいか体調のよい時にチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

  一人暮らしをしていると、家事と仕事を両立するのは大変です。なかには、忙しさのあまり家の中がゴミ屋敷になっている方もいるのではないでしょうか。家事代行サービスは、そんな家事全般を

続きを読む

家事代行サービスは、現代の忙しい生活に関して多くの人々にとって時間の節約をもたらす便利なサービスです。家事代行サービスは日常の家事を代行してくれる専門家が、家庭や生活環境をサポートする役割を

続きを読む

家事代行サービスは掃除や洗濯、料理などを代行してくれるサービスです。一般人には利用のハードルが高いと思っていませんか?利用者は金銭的に余裕のある方だけではなく、共働きの方、けがをしている方、

続きを読む

家事代行サービスでは掃除や料理などの家事を依頼できます。一般人が依頼するにはハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、近年の家事代行は出産時、共働き家庭、けが、高齢などさまざまなケース

続きを読む

二世帯で住む家庭が少なくなった昨今、高齢者ひとりで住む方が増えています。東京都では将来的に高齢者の4割以上が、ひとり暮らしになるといわれています。本記事では、家事代行は高齢者におすすめなのか

続きを読む

ペットを飼っている家庭でも、家事代行サービスを利用できるのでしょうか。家事代行サービスは、幅広いオーナーのニーズにもしっかり対応できるサービスを提供しています。この記事では、ペットを飼ってい

続きを読む

忙しい人や家事が苦手な人にとって、家事代行サービスは便利なサービスです。掃除や洗濯だけでなく、料理も依頼できます。実際に依頼すると、どんな料理を作ってくれるのか気になるところでしょう。そこで

続きを読む

共働き世帯が増えたこともあり、家事代行サービスは近年ますます注目されています。実際に利用している人は、どれくらいの頻度で依頼しているのでしょうか。そこで今回の記事では、家事代行の利用頻度や費

続きを読む

共働き家庭を中心に人気が高まっている家事代行サービスですが、利用方法には2種類あります。1回ずつ依頼する「スポットプラン」と月に何回もしくは週に何回と決めて依頼する「定期利用プラン」です。今

続きを読む

家事を頼みたいけれど、聞きなじみのある「家政婦」と、最近よく聞く「家事代行サービス」とは何が違うのでしょうか?本記事では、このような疑問を全て解決していきます。家政婦と家事代行のメリット・デ

続きを読む