家事代行で頼んだ料理がまずい?原因や対処法はあるの?

公開日:2024/01/15  


家事代行サービスでは掃除や料理などの家事を依頼できます。一般人が依頼するにはハードルが高いと感じる方もいるかもしれませんが、近年の家事代行は出産時、共働き家庭、けが、高齢などさまざまなケースで利用されています。今回は、家事代行を依頼した際に料理を頼んでいて不満がある場合はどう対処すればよいのかについて解説します。

家事代行の料理がおいしくない…その原因とは

お金を払って家事代行を依頼するのだからおいしい料理を食べたいですよね。家事代行でつくってもらった料理がおいしくない原因にはどんなものがあるのでしょうか。

期待値が高い

お金を払っているのだからとてもおいしい料理ができるに違いない…と期待してハードルを上げてしまうとイメージと違うことがあるかもしれません。家事代行では料理をサービス内で行っていますが、プロの料理人が料理をしているわけではありません。家事代行のスタッフが料理をしているということを念頭に置いておきましょう。

好みの味ではない

家事代行でつくられる料理は万人受けする料理がつくられます。とくに初回であれば個人の好みを反映していないので、指示をしない限り万人受けするメニューであることが多いでしょう。うす味、濃い味などの不満があれば事前に伝えておくか、初回以降に伝えるのがおすすめです。

スタッフのスキル不足

家事代行といっても掃除や洗濯、料理などさまざまな家事を代行しています。料理はとくに個人の力量が現れやすいので、料理がまずい場合は新人スタッフに当たってしまった、料理があまり得意でないスタッフに当たってしまった可能性があります。

つくりたてではない

家事代行ではつくりおき料理をまとめてつくってもらうこともできます。つくりたてより時間がたつと鮮度が落ちてしまいます。また保存方法や解凍、温め方などによって味に違いが出ることも。つくりおいてしばらく時間がたってしまった、食べる際に解凍や温めがうまくいかなかった場合は味が落ちてしまう可能性があります。

「料理が口に合わない」を防ぐ事前の対処法

依頼する際にポイントに気をつけることで、料理が口に合わないとがっかりしてしまう確率を下げられるようにしましょう。

では、家事代行を依頼する際にどんなポイントを押さえればよいのでしょうか。

ヒアリングをていねいにしてくれるところに依頼する

家事代行は事前に細かなヒアリングをしてから当日家事をしてくれるところと、当日軽くヒアリングしてくれるところにわかれます。事前にヒアリングしてくれるタイプのサービスの方がこちらの要望にしっかり対応してくれるでしょう。料理はうすめ、濃いめのどちらが好みか、苦手な味や食材、どんな調味料があるかなどを伝えておくことで自分の口に合わない料理が出てくる確率は低くなるでしょう。

火の通し加減、食材の切り方など非常に細かなところまでヒアリングしてくれるところもあります。そういったところは小さな子どもや高齢者がいる家庭でも利用しやすいでしょう。また自分の好きな味やメニューがある場合は、そのレシピを渡しておくのもおすすめです。

料理研修を行っているところに依頼する

家事代行サービスではスタッフのスキルのクオリティを高めるため研修を行っている場合があります。料理の研修をしっかり行っているところに依頼すれば、ある程度のクオリティの料理が食べられるでしょう。またウェブサイトをチェックして料理づくりが得意そうなサービスを選びましょう。サービスのなかには料理に特化した家事代行サービスもあります。

家事代行サービスに連絡をしましょう!

もし家事代行の料理がまずいと感じたら、その後はどう対処すればよいのでしょうか。伝え方に気をつけながら連絡するようにしましょう。

直接スタッフには言わない

スタッフが家で家事をしている際に本人に直接まずいというのはやめておきましょう。トラブルに発展してしまう可能性があります。また、料理が完成しているため返金を求めることも難しいでしょう。

家事代行サービス会社に連絡する

料理がまずいと感じたら、スタッフを雇用している家事代行サービス会社に連絡するようにしましょう。もし料理をつくったスタッフの継続がいやであれば、理由を伝えてほかのスタッフを紹介してもらうようにしましょう。同じスタッフでも構わない場合は、自分の料理の好みを伝えることで次回は改善される可能性があります。

まとめ

家事代行サービスは掃除や洗濯、料理などを依頼できます。しかし料理は好みや人によってスキルが大きく異なるので、期待していたらあまりおいしくなかった…とがっかりしてしまうこともあるかもしれません。初回から自分好みの料理を作ってもらうのは難しいので、料理に関して要望をまとめておく、レシピを渡す、料理が得意なスタッフを希望するなどすることでなるべく事前に対処しておくのがおすすめです。

また料理研修を行っているサービス会社や料理代行に特化しているサービス会社などもあるため、料理のレベルが高そうなところに家事を依頼するのがよいでしょう。料理がまずいと感じたらスタッフ本人にいってしまうとトラブルになるかもしれないため、会社を通じて伝えるようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

  一人暮らしをしていると、家事と仕事を両立するのは大変です。なかには、忙しさのあまり家の中がゴミ屋敷になっている方もいるのではないでしょうか。家事代行サービスは、そんな家事全般を

続きを読む

近年、家事代行サービスの利用が増加しています。都市部を中心に、多忙な日常を送る人々が家事の一部または全部を外部に委託することで、生活の質を向上させようとしています。本記事では家事代行サービス

続きを読む

現代社会において、女性の労働力が注目されており、主婦層の働き手としての存在感が増しています。そのなかで、家事代行スタッフはとくに主婦たちが活躍する分野として注目されています。本記事では、家事

続きを読む